太陽光発電について

~ 概要 ~

太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれる。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。太陽光発電は屋根などに太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくる。家庭で使用することができ、また余った電気は電力会社が買い取ってくれる。災害などで停電が起きたときでも太陽の光さえあれば自家発電することができ、環境面でもとても優しいシステムである。

発電の仕組み ~太陽光発電は、太陽電池で電力を蓄える装置ではなく、太陽エネルギーから直接電力に変換する発電機の役割を持っている。

太陽の光が太陽電池(ソ-ラ-パネルなど)に当たることにより「光電効果」と呼ばれる現象が起こる。光が照射されることにより、太陽電池を構成している半導体の電子に影響を与え、発電される。